おくやみの言葉を打つ際には、マナー・常識を考えて打とう| お悔やみ電報のNTT例文やマナーの紹介 台紙・宛名 | おくやみの言葉を喪主に送る時のタイミング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬式に参列できないのでしたら、おくやみの言葉を打って送りましょう

お悔やみ電報・おくやみの言葉を、葬式に参列できないから送ろうと思っている人もいるでしょう。

ここでは、そのことについて説明していきたいと思います。

葬式に参列できないのでしたら、お悔やみ電報・おくやみの言葉を送るようにしましょう。

こういった事は、ビジネスマナーになります。

訃報の知らせを受けて葬式に参加できない時には、必ずお悔やみの電報を送る必要があります。

そうしなければ、向こうに大変失礼になってしまいます。

遺族の方に「せっかく訃報を送ったのにお悔やみの電報もこない」と思われるかもしれませんし、相手によっては今後の付き合いがなくなるかもしれません。

そうなってしまうと後で大変ですよね。

ですから、葬式に参加できない時には、必ずお悔やみの電報を送りましょうね。

なお、この弔電ですが、弔意を打つときにもマナーがあります。

こちらも間違えないようにしましょうね。

話は変わりまして。

お悔やみ電報とは、法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭 告別式 友人の別れ会といった訃報の際、出席を辞退する時などに喪主に送る、おくやみを表わす電文のこと。

郵便局のレタックスや電話番号「115」から申込・申し込みを行なう事ができる。

お悔やみの電報の決りごとに関する質問の種類は、次の通り。

1 御礼・お礼状を打つ際の携帯メールでの打ち方
2 おくやみの電報の披露の際の奉読(拝読 読み方) 刺繍入りの香典は交際費になるのか3 あて先・宛先の送り方 お返しのタイミングは

などの電報の決りごとがある。

これらは、多くの方が悩んでいる内容で、私の友人も困ったことがあると言っていました。

お悔やみ電報の詳しい事は、このブログの他 ヤフー知恵袋等を参考に。

気付と御中の正しい使い分け方や。

お悔やみ電報を英文で書く際の敬称に関する読み方などが載っており、ためになりますよ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード


おくやみの言葉を打つ際には、マナー・常識を考えて打とう| お悔やみ電報のNTT例文やマナーの紹介 台紙・宛名 | おくやみの言葉を喪主に送る時のタイミング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。